個別指導塾では中学受験に備えて一人一人を見てくれる

もともと娘は集団で授業する塾へ通っていましたが、集団での授業と違い、一人ひとりを見てくれるという点に魅力を感じたのか、中学受験に備えて、ということなのか個別指導塾に切り替えたいといってきました。そこで個別指導塾に切り替えました、個別指導塾の講師の方は一人ひとりに合わせた授業内容を提示してくれるし、苦手としているポイントを重点的に教えてくれるので、科目ごとの点数のばらつきが少なくなった気がします。
私立中学校への進学を志望していて、そこの中学受験は国語、算数、理科の三科目が受験科目だったので、講師の方と相談してその三科目を重点的に、特に算数に力を入れるという方針に決定しました。
やはり初めての受験となるので、私自身も不安があり娘にもあったと思いますが、講師の方が細かくアドバイスしてくれるので安心でした。
娘の苦手としていた算数の基礎の計算力も講師の方のおかげで克服できました。さらに親子で読書の時間を作ることで国語に必要な読解力を鍛えることが望ましいとのアドバイスを受けて私自身も全く興味がなかった文学や評論といったジャンルの本も読むようになりました。こうした一つ一つの努力が実を結び、無事中学受験に成功、志望校へ入学が決まった時は飛び上るほどに喜びました。