過熱する中学受験に備えての個別指導塾

現在日本では中学受験が過熱化して私立中学校や公立中高一貫校などをはじめとした進学実績のある学校への需要が高まっています。
私の息子もそうした学校に通いたいといってきたので、塾へ通わせていたのですが、集団授業ということもあり一人一人のペースに合わせることはできないため、授業についていくのが厳しいという難点がありました。そこで中学受験に備えて個別指導塾に切り替えることにしました。
個別指導塾では講師さんがとても優しく接してくれるし、子どもに合わせたペースで進めてくれるので学校でのテストの点数も確実に上がり、効率的に学力を向上させることができたと思います。また、志望校に合わせた独自のカリキュラムで入試対策を行ってくれるので、勉強に無駄がでにくいです。私の息子が志望していた学校の入試では国語は長文の読解力が問われる記述式の問題、算数はハイレベルな応用問題が数問というような形式でしたので、それに合わせた入試対策をしていこうということに決まりました。無事中学受験で合格することができ、ホッと胸をなでおろしました。
個別指導塾の講師の方はいつも息子を励ましてくれて、私としても精神的な支えになった実感があります。